Joe on the tube LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981 ジョーストラマー John Graham Mellor ジョン・グレアム・メラー Joe Strummer パンク PUNK London is Burning ライカ LEICA ハービー山口 Johnny in the spot light LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1983 ジョニーロットン スポットライト ロンドン 1983年 撮影 ハービー山口 写真家 Johnny Rotten ジョニー・ロットン John Lydon ジョン・ライドン パンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのリード・ボーカルを務め、解散後はパブリック・イメージ・リミテッド(PiL)を結成した。 ジョニー・ロットンという名前は彼がセックス・ピストルズに加入したとき、ギタリストのスティーヴ・ジョーンズが彼の歯の汚い状態を見て「腐ってる!お前の歯、腐ってるぞ!(You're rotten! Look at you, your teeth are rotten!)」と発言したことがきっかけで彼のニックネームとなった[1]。 セックス・ピストルズセックス・ピストルズ時代 (1977年) 小学生時代とは打って変わり、中学生からのライドンは退学処分を受けるほどの不良となり、10代後半はマルコム・マクラーレン(デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドが共同経営者)のブティック「Sex」に頻繁に出入りするようになる[3]。この店を溜まり場としていたライドンをリーダー格とする不良グループ“ジョンズ”は、メンバー全員の名がjohnであることから名づけられた。1975年にマクラーレンがアメリカのバンド、ニューヨーク・ドールズとの小ツアーから帰り、スティーヴ・ジョーンズやポール・クックと共に新たなバンドの結成を模索していたとき、ライドンが現れた。ライドンは「I Hate」とサインペンでなぐり書きされたピンク・フロイドのTシャツを着ており、店内でのオーディションでアリス・クーパーの「エイティーン」を歌った[3]。そしてバンドへ加入、バンド名はセックス・ピストルズに決まる。ピストルズは「アナーキー・イン・ザ・UK」や「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」などの歴史的な曲を発表し、パンクの有名バンドとなった。曲は主に、メンバーのグレン・マトロックが書いていた。ピストルズの後期、ライドンは、ヘロイン中毒である親友のシド・ヴィシャスの薬物治療の手助けをするが、結局シド・ヴィシャスはヘロインをやめられずまともに演奏できる状態ではなくなった。メンバー間の不仲も頂点に達し、バンドは最悪の状態になり、1978年1月14日、アメリカツアーのサンフランシスコ最終公演を最後にライドンは脱退を表明。ラストライブの最後に「騙された気分はどうだい」と言い放っている[7][8]。脱退表明時には「ロックは死んだ」と宣言した[9]。後に、シド・ヴィシャスと恋人のナンシーは死亡している。Brian Setzer Stray Cats LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981 ブライアン セッツァー ストレイキャッツ ロンドン 1981年 愛知 名古屋 Alto e Diritto altoediritto アルトエデリット ハービー山口 HERBIE YAMAGUCHI 写真家 Thames LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1983 テムズ川 ロンドン ハービー山口 1983年 イギリス England イングランド 写真家 写真 http://www.herbie-yamaguchi.com/ オリジナルプリント Portrait Joe 地下鉄のジョー パンク Punk 愛知 名古屋 Alto e Diritto altoediritto アルトエデリット 革ジャン レザージャケット ライダースジャケット モヒカン 鋲ジャン 1983年イギリス総選挙 イギリス名誉革命史 United Kingdom General Election, 1983 ハービー・山口は写真家、エッセイスト。 東京都大田区出身。 作家名の由来は、自身が傾倒していたジャズ・フルート奏者のハービー・マンから。山口 芳則 「LONDON AFTER THE DREAM」(流行通信社 1985)「LEICA LIVE LIFE」福山雅治写真集 (ソニーマガジンズ 1994)「代官山17番地」(アップリンク 1998)「尾崎豊」(光栄 1998)「DISTANCE」福山雅治写真集 (アミューズブックス 1999「TIMELESS IN LUXEMBOURG」 (ルクセンブルク大公国大使館 1999)「bridge22 LP」山崎まさよし×ハービー・山口(ソニーマガジンズ 2001)「LONDON CHASING THE DREAM 」(カラーフィールド 2003)「peace」(アップリンク 2003)フジテレビドラマ「優しい時間―富良野にて」(フジテレビ出版 2005)「HOPE 空、青くなる」(講談社 2003)代官山17番地

Joe on the tube LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981

Joe on the tube LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981 ジョーストラマー John Graham Mellor ジョン・グレアム・メラー Joe Strummer パンク PUNK London is Burning ライカ LEICA ハービー山口 Johnny in the spot light LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1983 ジョニーロットン スポットライト ロンドン 1983年 撮影 ハービー山口 写真家 Johnny Rotten ジョニー・ロットン John Lydon ジョン・ライドン パンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのリード・ボーカルを務め、解散後はパブリック・イメージ・リミテッド(PiL)を結成した。 ジョニー・ロットンという名前は彼がセックス・ピストルズに加入したとき、ギタリストのスティーヴ・ジョーンズが彼の歯の汚い状態を見て「腐ってる!お前の歯、腐ってるぞ!(You're rotten! Look at you, your teeth are rotten!)」と発言したことがきっかけで彼のニックネームとなった[1]。 セックス・ピストルズセックス・ピストルズ時代 (1977年) 小学生時代とは打って変わり、中学生からのライドンは退学処分を受けるほどの不良となり、10代後半はマルコム・マクラーレン(デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドが共同経営者)のブティック「Sex」に頻繁に出入りするようになる[3]。この店を溜まり場としていたライドンをリーダー格とする不良グループ“ジョンズ”は、メンバー全員の名がjohnであることから名づけられた。1975年にマクラーレンがアメリカのバンド、ニューヨーク・ドールズとの小ツアーから帰り、スティーヴ・ジョーンズやポール・クックと共に新たなバンドの結成を模索していたとき、ライドンが現れた。ライドンは「I Hate」とサインペンでなぐり書きされたピンク・フロイドのTシャツを着ており、店内でのオーディションでアリス・クーパーの「エイティーン」を歌った[3]。そしてバンドへ加入、バンド名はセックス・ピストルズに決まる。ピストルズは「アナーキー・イン・ザ・UK」や「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」などの歴史的な曲を発表し、パンクの有名バンドとなった。曲は主に、メンバーのグレン・マトロックが書いていた。ピストルズの後期、ライドンは、ヘロイン中毒である親友のシド・ヴィシャスの薬物治療の手助けをするが、結局シド・ヴィシャスはヘロインをやめられずまともに演奏できる状態ではなくなった。メンバー間の不仲も頂点に達し、バンドは最悪の状態になり、1978年1月14日、アメリカツアーのサンフランシスコ最終公演を最後にライドンは脱退を表明。ラストライブの最後に「騙された気分はどうだい」と言い放っている[7][8]。脱退表明時には「ロックは死んだ」と宣言した[9]。後に、シド・ヴィシャスと恋人のナンシーは死亡している。Brian Setzer Stray Cats LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981 ブライアン セッツァー ストレイキャッツ ロンドン 1981年 愛知 名古屋 Alto e Diritto altoediritto アルトエデリット ハービー山口 HERBIE YAMAGUCHI 写真家 Thames LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1983 テムズ川 ロンドン ハービー山口 1983年 イギリス England イングランド 写真家 写真 http://www.herbie-yamaguchi.com/ オリジナルプリント Portrait Joe 地下鉄のジョー パンク Punk 愛知 名古屋 Alto e Diritto altoediritto アルトエデリット 革ジャン レザージャケット ライダースジャケット モヒカン 鋲ジャン 1983年イギリス総選挙 イギリス名誉革命史 United Kingdom General Election, 1983 ハービー・山口は写真家、エッセイスト。 東京都大田区出身。 作家名の由来は、自身が傾倒していたジャズ・フルート奏者のハービー・マンから。山口 芳則 「LONDON AFTER THE DREAM」(流行通信社 1985)「LEICA LIVE LIFE」福山雅治写真集 (ソニーマガジンズ 1994)「代官山17番地」(アップリンク 1998)「尾崎豊」(光栄 1998)「DISTANCE」福山雅治写真集 (アミューズブックス 1999「TIMELESS IN LUXEMBOURG」 (ルクセンブルク大公国大使館 1999)「bridge22 LP」山崎まさよし×ハービー・山口(ソニーマガジンズ 2001)「LONDON CHASING THE DREAM 」(カラーフィールド 2003)「peace」(アップリンク 2003)フジテレビドラマ「優しい時間―富良野にて」(フジテレビ出版 2005)「HOPE 空、青くなる」(講談社 2003)代官山17番地














Joe on the tube LONDON / HERBIE YAMAGUCHI 1981













by S





Alto e Diritto / アルト エ デリット

http://www.altoediritto.jp/
https://www.altoediritto.com/

OPEN /// 12:00~19:00
CLOSE /// TUESDAY,WEDNESDAY
TEL /// 052-253-7718

〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-23-2
地下鉄久屋大通駅1-A出口より徒歩1分