2021年2月28日 発売 LEICA NOCTILUX-M 50 f/1.2 ASPH. ライカ ノクティルックス オールドレンズ 銘玉 オールドレンズの魅力に満ちた個性的な描写の銘玉 ライカノクティルックス-M 50 f/1.2 ASPH. ライカMシステムの歴史においても屈指の銘レンズが、最新の理論と技術を駆使して緻密にレンズ設計を行いデジタル時代にふさわしいレンズとして現代に復活しました。オリジナルの「ライカ ノクティルックスM f1.2/50mm」は銘玉として名高く、今なお写真愛好家を魅了してやみません。その理由は、現代の技術においても秀逸な明るい開放値と、精密につくり上げられた非球面レンズ、そして絞り開放時の個性的で美しい描写が得られる優れた性能にあります。このレンズは1966年から1975年にかけてわずか1,757本だけしか製造されなかったため、非常に希少なレンズなのです。闇夜に輝く街灯、車のテールランプ、キャンドルの灯りに照らされる子供の顔、スポットライトを浴びるパフォーマー。ノクティルックスで撮影した写真は、ありのままの自然な印象ではっきりと描き出され、その独特なボケ味によってまるで印象派の絵画のような美しさが漂います。世界中の写真家たちは優れた描写性能を誇るこのレンズを操り、創造力とビジュアルセンスを自由に発揮しながら光と闇が織りなすストーリーを紡ぎ出しています。「新たに登場するライカ ノクティルックスM f1.2/50mm ASPH.は、世界で初めて光学系に非球面レンズを採用したレンズの復刻版です」1966年、ある博覧会で展示された1本のレンズが、きわめて革新的な光学設計で来場者や報道関係者を驚かせました。そのレンズこそが、オリジナル版の「ノクティルックスM f1.2/50mm」でした。当時の基準では圧倒的ともいえる明るさと、非常に優れた光学性能が大きな特長でしたが、その明るさと光学性能が実現できた理由のひとつには、非球面レンズを2枚採用したことが挙げられます。実はこのオリジナル版の「ノクティルックスM f1.2/50mm」は、世界で初めて非球面レンズを採用して一般販売されたレンズです。非球面レンズを採用した目的は、絞り開放で発生する球面収差を低減すること、そして描写力を向上させることでした。今回、歴史に名を刻むこの銘玉を復活させるにあたり、オリジナルの光学設計を可能な限り維持しながら、現代のガラス材料と製造工程に合わせて光学系をつくり上げました。

LEICA NOCTILUX-M 50 f/1.2 ASPH.

Pink Floyd ピンク・フロイド 2021年2月28日 発売 LEICA NOCTILUX-M 50 f/1.2 ASPH. ライカ ノクティルックス オールドレンズ 銘玉 オールドレンズの魅力に満ちた個性的な描写の銘玉 ライカノクティルックス-M 50 f/1.2 ASPH. ライカMシステムの歴史においても屈指の銘レンズが、最新の理論と技術を駆使して緻密にレンズ設計を行いデジタル時代にふさわしいレンズとして現代に復活しました。オリジナルの「ライカ ノクティルックスM f1.2/50mm」は銘玉として名高く、今なお写真愛好家を魅了してやみません。その理由は、現代の技術においても秀逸な明るい開放値と、精密につくり上げられた非球面レンズ、そして絞り開放時の個性的で美しい描写が得られる優れた性能にあります。このレンズは1966年から1975年にかけてわずか1,757本だけしか製造されなかったため、非常に希少なレンズなのです。闇夜に輝く街灯、車のテールランプ、キャンドルの灯りに照らされる子供の顔、スポットライトを浴びるパフォーマー。ノクティルックスで撮影した写真は、ありのままの自然な印象ではっきりと描き出され、その独特なボケ味によってまるで印象派の絵画のような美しさが漂います。世界中の写真家たちは優れた描写性能を誇るこのレンズを操り、創造力とビジュアルセンスを自由に発揮しながら光と闇が織りなすストーリーを紡ぎ出しています。「新たに登場するライカ ノクティルックスM f1.2/50mm ASPH.は、世界で初めて光学系に非球面レンズを採用したレンズの復刻版です」1966年、ある博覧会で展示された1本のレンズが、きわめて革新的な光学設計で来場者や報道関係者を驚かせました。そのレンズこそが、オリジナル版の「ノクティルックスM f1.2/50mm」でした。当時の基準では圧倒的ともいえる明るさと、非常に優れた光学性能が大きな特長でしたが、その明るさと光学性能が実現できた理由のひとつには、非球面レンズを2枚採用したことが挙げられます。実はこのオリジナル版の「ノクティルックスM f1.2/50mm」は、世界で初めて非球面レンズを採用して一般販売されたレンズです。非球面レンズを採用した目的は、絞り開放で発生する球面収差を低減すること、そして描写力を向上させることでした。今回、歴史に名を刻むこの銘玉を復活させるにあたり、オリジナルの光学設計を可能な限り維持しながら、現代のガラス材料と製造工程に合わせて光学系をつくり上げました。
※LEICA NOCTILUX-M 50 f/1.2 ASPH.+LEICA M10-P ASC 100 Edition+Pink Floyd














2/28 大安


ノクティルックス-M 50 f/1.2 ASPH.


銘玉復刻ゲットあははのは


久々ライカで興奮したぜ


バリバリと使いたいから”黒”をな


いつもいつもいつもありがとう


ライカ万歳













by S





Alto e Diritto / アルト エ デリット

http://www.altoediritto.jp/
https://www.altoediritto.com/

OPEN /// 12:00~19:00
CLOSE /// TUESDAY,WEDNESDAY
TEL /// 052-253-7718

〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-23-2
地下鉄久屋大通駅1-A出口より徒歩1分